"インターネットや賃貸情報誌などで気になる物件を見つけることが出来たら、まず最初に不動産屋へ電話をしましょう。
貴方が選んだ物件がまだあるのかを確認し、またもし空室ならすぐに物件見学が出来るのかを問い合わせましょう。

 

最近におきましては、自社のホームページを持っている会社も多数ありますので、そこからも会社の情報収集をしましょう。
ホームページがどんなに綺麗であっても、優良不動産屋とは限りませんので、その他口コミ情報なども忘れずに確認してください。
良い物件が見つかって不動産屋に電話をする時には電話先の人の対応は必ずチェックをしてください。
電話に出たのが誰であれ、対応の悪い従業員が一人でもいるような不動産屋の利用は避けるようにしましょう。"



良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼうブログ:2017-6-15

上に姉貴、下に妹という3人兄弟で育ち、
その中でもひと際食べ物に関して執着するのは僕でした。

特に、カレー、ハンバーグといった洋食は大好物で、
母の料理が完成間際になると台所に駆けつけ、
盛り付け終わった料理の中から
一番大きいものを自分のお皿に持っていったものです。

よく妹の料理を横取りしては
母にこっぴどく怒られました。

おいしそうなものは
自分の物にしたいという欲求が強かったのでしょう。

体はガリガリでしたが、食欲は旺盛で、
この頃の「食」への欲求が、
今の食事に対するこだわりにつながっているのだと思います。

小学生時代から、
息子が家事を手伝うのが当然だった僕の家では、
日曜日の6時食は、息子たちが担当するという決まりでした。

最初の頃は、
出来合いのコーンポタージュの素などを料理していたのですが、
だんだんと楽しくなって、いろいろ工夫するようになりました。

料理本を持ち出してきては、
例えばコーンポタージュを作るにしても、
ダマができないようにどうすればおいしく作れるか、
息子ながらにいろいろ考えました。
料理の知恵がだんだんとついていった頃でした。
 
高校生になると、
僕はやることがエスカレートしていき、
ファッション誌なんかで
「もてる男はカレーを作る」という記事があれば、
その通りやってみたり…

カレーを作る時も自分でスパイスを調合したり、
オレンジを絞って入れてみたり…
いろいろ工夫しました。

単に女性にもてたいという気持ちもありましたが、
混ぜて味が変わることがおもしろくて、
とても興味深かったのを覚えています。